「お金を借りる」ことについて考えてみました。

私はお金を借りるということにあまり抵抗がない方です。

もちろん、現金で全て支払えるのが理想なのですが、現実的に厳しいときには、お金を借りて必要なものを購入しています。

現在、住宅(メンテナンス含む)は、銀行でローンを組んでいます。

車の購入は、手元に余裕のある現金があれば、現金で支払い、ないときは銀行で借ります。

子どもの成長と共に教育費がかかるようになりますが、奨学金等を使うことも視野に入れています。

家族の入院等で急な出費が必要になった時にお金を借りるなら、親に個人的に借りたことがあります。

大人になってからのことなので、恥ずかしいことではありましたが、生活するために仕方がなかったので、親に頭を下げました。

その時は、きちんと借用書を書き、親子と言えどもけじめをつけて、ある程度の期限を決めて返済しました。

個人に借りると甘えが出てしまうので、銀行で借りることができれば、銀行で借りるようにしています。

金融会社は、今まで借りたことがないので、怖いイメージがあります。

生活費や食費をカード払いしています。

これも一時的ではありますが、お金を借りていること。

ポイントがつくのでお得に感じますが、収入以上に使ってしまうと支払いができなくなってしまうので、使い過ぎには注意をしています。

今はカードで簡単に借りることのできてしまう時代なので、甘えることなく基本は現金で生活していきたい...それが本音です。

お金を借りるという行動について

お金を借りることは、どうしても切羽詰まった時でもない限り、してはいけないことだと思います。お金は、自分で稼いだものを使用するべきです。

でも、どうしてもお金を借りなければ首が回らなくなる状況があります。そんな時は、やむを得ず借りることは仕方がないです。
ただしお金を借りる場合は、絶対に返すことを確約すべきです。これは金融会社でも、友人や親類縁者相手でも同じことです。
お金は必ず返さなければなりません。

お金を借りることにどうしても反感を持ってしまう理由の一つに、悪徳金融会社の存在や、連帯保証人制度があります。連帯保証人制度は、まったく罪のない人を借金地獄に陥れてしまう可能性があります。そんなことは、人として許されないことです。

もしもお金を借りるときは、悪徳金融業者だけは避けなければいけないと思います。

金利が高過ぎるところや、審査の甘すぎるところは、必ず後で手痛いしっぺ返しを食らうことに成ると思います。ぜったいに、そんな会社から金を借りてはいけません。”