お金を借りるという行動について

お金を借りることは、どうしても切羽詰まった時でもない限り、してはいけないことだと思います。お金は、自分で稼いだものを使用するべきです。

でも、どうしてもお金を借りなければ首が回らなくなる状況があります。そんな時は、やむを得ず借りることは仕方がないです。
ただしお金を借りる場合は、絶対に返すことを確約すべきです。これは金融会社でも、友人や親類縁者相手でも同じことです。
お金は必ず返さなければなりません。

お金を借りることにどうしても反感を持ってしまう理由の一つに、悪徳金融会社の存在や、連帯保証人制度があります。連帯保証人制度は、まったく罪のない人を借金地獄に陥れてしまう可能性があります。そんなことは、人として許されないことです。

もしもお金を借りるときは、悪徳金融業者だけは避けなければいけないと思います。

金利が高過ぎるところや、審査の甘すぎるところは、必ず後で手痛いしっぺ返しを食らうことに成ると思います。ぜったいに、そんな会社から金を借りてはいけません。”